Posts Tagged: 自己啓発

06-1:第6の習慣 ~相乗効果を発揮する~

Jul - 17 2015

相乗効果は効果バツグン 人はそれぞれ違う環境で生きてきたのだから、違いがあるのは当たり前その違いを受け入れあってこそ、より強力なシナジー(相乗効果)を生み出す   自分自身だけでできることには限界がある →己の限界を認め、相手の長所から良い部分を学ぶ・吸収していく姿勢が大事     お互いがお互いの良さを引き出して利用しあう →良い関係     違いを尊重し合いシナジーを生み出そう シナジーとは個別のものを足して、本来以上の力や効果を生み出すこと(1+1=4,8,100…)   そのために重要なのは、「違いを尊重すること」 ・自分と相手は違う→だから否定する…☓・自分と相手は違う→だから尊重する…○ という考え方になることが大事     妥協とシナジーの違い それぞれがお互いに妥協する →妥協点でしか共通性を見いだせない=小さい結果しか生まれない   お互いの意見や価値観の違いからシナジーを生み出す →大きな結果が生まれる     シナジーを生み出すコミュニケーション3段階 <防衛的コミュニケーション> お互いが守りに入る(損しない)関係性。Win-Lose や Lose-Win  ↓ <尊敬的コミュニケーション> ある程度の相互理解はあるが、相乗効果までは見込めず、妥協点を探して済ましてしまう段階  ↓ <シナジー的コミュニケーション> 協力関係の信頼性が高く、お互いの違いを受け入れ、そこから相乗効果を生み出す     シナジーを生み出した関係性では妥協点ではなく、異なる両者を活かした第三の案が生まれる   シナジー的コミュニケーションに至るまでは本当に難しい   気むずかしい人が多いから途中で妥協してしまうこともあるかもしれないしかし、そんな時に相手と衝突するのではなく、根気良く違いを尊重していくことが大事   次の記事では、相乗効果を発揮するためのコツを書くので参考にしてみてください

05-2:第5の習慣 ~理解してから理解される:聞き上手になる方法~

Jul - 17 2015

聞き上手になるコツ <NGな聞き方> ・自分が実際にやった解決法を押し付ける・自分の場合に当てはめて相手の問題を知った気持ちになる・自分の助言で上手くいかない人に対して「努力が足りない」と切り捨てる・相手が話し終わる前に自分の話をしてしまう  ↓ 「この人に本当の気持ちは話せない」「自分のことを理解してくれない」「相談しても無駄な人だ」 …と思われる   ただし注意が必要! 聴きに徹して、相手に共感をし続けると自分を見失ってしまうことがあるそのためにも第1~3の習慣で自分の基礎を作り上げておくことが必要   もし、自分自身の基礎を作りきれてないと感じる場合は、以下の記事を見て復習してみよう! 第1の習慣(前半)  第1の習慣(後半)第2の習慣第3の習慣     人は誰しも正しい答えを知っている 正しい答えを知っているのに、色々な感情などが邪魔をして正しい行動を取ることができない人が多い …だからこそ人は悩み、苦しみ、ストレスを貯める     相手が感情的に話している時は… 相手の気持を理解して受け止める姿勢をもって聞こう   「難しい」「楽しい」「悲しい」「嬉しい」…といったワード) →「私はあなたの今の感情を受け止めましたよ」というのが、相手に伝わるように聴く →「寂しかったんだね」「楽しかったんだね」という言葉を使って、聴きに徹する     相手が論理的に話している時は… 「~だから、○○しようと思う」「進路で迷っている」などというワード   その人なりの考えをしっかり聞いてあげる →求められれば、自分なりのアドバイスをしてみる(押し付けるような言い方はしない)「それらのメリットやデメリットを比較すると~~~じゃないかな」「こういう~のような考え方もあるのかも」 …のような言葉を使いつつ、意見の一つとして提案する等   そのようにして話を聴くことで人は自然と正しい答えに向かっていく   自分が変われば、相手の行動が変わる、世界の見え方も変わる 聞き下手から聞き上手になるだけで、相手の反応や相手からの評価も変わってくる

03:第3の習慣 ~最も重要な事を優先する~

Jul - 17 2015

何をしたいかを明確にして、何が重要な事かを理解した上で行動していこう!   時間マトリックス 第1象限:締め切りがあるもの。大事で急な約束。病気や災害。第2象限:人間関係作り、目標への準備や計画、健康維持、練習や勉強第3象限:ルーチンワーク、重要でないメールなどの返事、突然の来客対応第4象限:娯楽、休む   第2象限を充実させられる人が、成長する人 (いずれ第1象限になっていくであろう事柄にも準備万端で挑める!)   上記の図を意識して、第1~4象限でそれぞれ何をしていくかを書いてみると良い人それぞれ、第2象限を始めとした各項目の内容が異なるはずだし明確に書いてみることによって、何に力を入れればいいのかが分かってくる   基本的には第1象限が優先だが、最も重要なのは第2象限   ココに時間を使う意識ができると、人は急激に成長していく     第3象限について ここは他人に任せることがしやすい   他人に任せるコツはガミガミ叱るのではなく、信頼してあげることだガミガミ言ったり、いちいち細かい指示をしていたのでは、頼む人、全員を見ていなければならない   →出せる結果が小さいものにまとまってしまう   人は信頼されるとそれに応えようと自分なりに最高の力を発揮するものだしっかりとしたデリケーションを行うことで、大きな結果を生み出すことができる     第3象限は人に任せてみるのも一つの手 任せる際に注意すること(デリケーション) ・望む結果をしっかり伝える・守るべきルールを伝える・使えるリソース(人員・資金・資源など)を伝える・進捗報告の方法や時期を伝える(アカウンタビリティ)・どう評価するかの内容   これらを意識して、手伝って貰える人に伝えれば効果的リーダー的ポジションの人は是非、上記を意識して頼み事をしてみてほしい   時間管理に気を取られ、自らを縛ってはいけない 時間を管理するのではなく、自分を管理しよう 忙しい時、あなたは何かに対しては必ず“No!“と言ってきた…。そういった対応を当たり前のようにしていないだろうか?   しかし、目の前に現れた“ソレ”が現時点では緊急でもなければ重要に思えなかったとしても、それは“あなたの人生そのものに重大に関わる事柄”だったのかもしれない   チャンスは色々なところに散りばめられているそれを掴むか、チャンスに気づかないまま生きていくかはあなた次第   普段の貴方の心構え一つで、そこら辺に転がってるチャンスを掴める人になっていけるはず   世の中、何がチャンスになるか分からな い一見、重要でないことでも、たまには振り向いて手をとってみることで良い方向に物事が進んでいくかもしれない   そういったチャンスを見逃さない生き方をできる人になっていこう     第3の習慣で「自分にとって何が大事か」を決めたら それがあなたの“最優先事項”だもし、その最優先事項を邪魔することがある場合には、勇気を持って「No」と言おう ためらわずに「No」と言うためには、それよりも強い「Yes」(自分にとって一番必要な事)を自分の中で持つことだ   自分の幸せとは何かを明確にしたら、何を優先するかが自ずと視えてくる

02:第2の習慣 ~目的を決めて始める~

Jul - 12 2015

<目的を決めてから、一歩を踏み出そう> 迷ったりして、ブレてただ何となく過ごしてしまい、目標が達成できない人は多いまずは、目標を明確に決めてから、一歩を踏み出す癖をつけてみよう   <ブレない生き方をするために> 自分にとって何が大切かを明確に意識しよう   ・目的が明確でない人:目標に対して曖昧に進んでいく→結果、目的を達成できないケースが増える   ・目標が明確な人:目標に対して明確に進んでいく→結果、目標にスムーズに迎える   <明確な目標を持とう> 具体的な目標を設定し、課題を洗い出し、目標に向けて進んでいこうそのためには、あなたの「原則」を知ることが大事   <他人中心の自己”原則”を決めるのは避けよう> 「家族のため」「会社のため」「恋人のため」このような他社を中心に考えるのは避けよう   こういう価値観を自らの中心原則に置くと、確かにブレにくくはなるがそれが行き過ぎると不安定になり、依存になり、ふとした時に崩れかねない   <貴方が生きる上で大事にしている価値観とは何か> あなた自身、主体的な中心原則を考えてみよう   自分の目標がないまま、ただなんとなく過ごしてしまうと、間違った場所に行き着いてしまうことがある   自分にとって何が大切なのかを常に意識してみよう   そうすることであたなが望む目標への道が少しずつ見えてくるはずだそしてその道に迷わず進んでいけるようになるはずだ     <目標を決める時、雑音に惑わされない事が大事> 世間体、ネットでの批判、知り合いとのメンツ…   色々な雑念が邪魔をして素直に「自分の目標」を表現しにくいかもしれないしかし、そのような雑音であなたの可能性を閉ざすのは1度きりの人生なのに勿体無い   周りからの雑音は、”正しい事実そのもの”でもなければ、”正当な評価”でもない   あなたは、あなたの好きなように人生の目標を決める権利がある   <第2の習慣:目的を決めて始める まとめ> 自分が大切にしたい「価値観」を考える ↓自分のその場その場での”役割”を整理してみる ↓それぞれの場所にある貴方の役割の中で、実現させたいあり方を考える ・部活の部長という役割→部員の手本になる存在になりたい ・父親→子どもたちを喜ばせたい ・歌手→人々を惹きつける歌を歌いたい   これらを文章としてまとめ、定期的にそれを声に出して読んでみよう目標がブレずに進んでいける強い人になっていける

01-2:第1の習慣 ~主体的に行動する-問題は常に「自分の中」にある~

Jul - 12 2015

<主体的に行動できる人になっていこう> 行動を起こすということは自らが責任を取るということそれは「何もしないこと」を選んだとしても同じことだ   最初の内は、主体的に「○○がしたい」「○○をしよう」というのは難しく思えるかもしれない多くの人は「何もしないこと」を選択してきた人が多いからだ   いきなり自分ではコントロールしきれないことを選ばないこと! 何の事前知識もない状態で司法試験に挑んでも受かるわけがない運動もろくにできないのにプロ野球選手が投げる珠を打てるわけがない   いきなりそういう高難易度の事にチャレンジするのではなく、自分の影響力でなんとかこなせるものに働きかけることから始めよう   それは、「掃除をしてみる」でも良いし、「基礎を勉強する」でも良いまずはそういう小さなこと、自分でもやれることから主体性を持って行動していこうそこから徐々に成長していけるように積み重ねていくことが大事だ   <主体的な行動に慣れるコツ> ・何をするにも「”私は”嬉しい」「”私は”ラーメンが食べたい」など、 “私は”という主語をつけるくせをつける・「やらない理由」や「できない理由」を自分で作らない・「できる理由」「やれる理由」を探す癖をつける →主体的になっていきやすい     <周りに流されるだけの人が多用する言葉> ・私にはそれは無理だ、できない・自分はダメで何もできないヤツだ・それじゃあ仕方ないよね・もし~が…だったらいいのにな・○○が悪い(だから失敗した)     <主体的な人が多用する言葉> ・別の方法を考えてみよう・(嫌な気持ちがあったら)嫌な気持ちをいったん抑えてみよう・私は○○をする・これはできる・(多少の障害に対し)何の問題もありません     <「良い悩み」と「悪い悩み」> 「悪い悩み」とは やる前に、悩む(○○したら~だからどうしよう)  ↓ いつまで経っても始められない先に進まない  ↓ いつまでたっても成長しない   「良い悩み」とは やってから、悩む(とりあえず○○してみた、その結果××という問題が起きた、どう乗り越えよう)  ↓ 目標に向かってとりあえず一歩を踏み出す失敗したとしても、そこから学び、次の成功につなげるための悩みをする  ↓ 成長していく <問題は常に「自分の中」にある> 自分の外に問題がある・責任があることも、確かにあるかもしれないしかし、例えそうだとしても「自分の中」に問題があると意識して物事を考えてみよう   なぜ失敗を引き起こしたのか、何が足りなかったのか、どう振る舞えば結果が変わったのか、何を選べば良かったのか…   自分の中に潜む問題が色々と見えてくるはずだ   自分の外にある何かのせいにすることは簡単しかし、思考のままではいつまでも過ちを繰り返してしまう   自分の中に潜む問題を見つけ、改善していくことが成功につながる   自分自身をコントロールすることは自分の成功をもコントロールするそして周りに強い影響をあたえることができる存在になっていけるようになっていく

01-1:第1の習慣 ~主体的に行動する~

Jul - 12 2015

<物事を主体的に考える(他人のせいにしない)> 異性にフラれるの、仕事のミス、人間関係のミス…物事がうまくいかない理由を何かに責任転嫁しがちかもしれない   しかし、責任を何かに擦り付けて終わらそうとする人は成長しない何かのせいにするのではなく、自分の行動や選択に問題があったのではと考えよう   他人と過去は変えられない、自分と未来は変えられる   物事がうまくいかない時、自分がどういう行動をすればそれを防げたのかどういう選択をすればうまくいったのかを考えることが大事   <流された行動と、主体的な行動の差> (流された)行動・選択をする  ↓結果失敗してしまう ↓何かに責任転嫁する(自分のせいにしない) ↓同じ過ちを繰り返す(成長しない)   (主体的な)行動・選択をする  ↓結果何かに失敗してしまう ↓次はこうしてみよう。修正していこう。苦手なことは人に任せよう、克服しよう ↓次は良い結果につながりやすくなる(成長)   <主体的な行動に慣れるコツ> ・何をするにも「”私は”嬉しい」「”私は”ラーメンが食べたい」など、 “私は”という主語をつけるくせをつける・「やらない理由」や「できない理由」を自分で作らない・「できる理由」「やれる理由」を探す癖をつける →主体的になっていきやすい   <主体的になることで否定されたらどうしよう> 「アナタみたいな人は苦手だ」と誰かに言われることがあるかもしれないしかし、それは貴方に対しての正当な評価とは限らない。   その発言した人が持つ歪んだ価値観から出た言葉にすぎない     <主体的に行動しない→いつまでも成長しない> 自ら主体的に行動をせずに、周りが動くのを待っているだけだとしたら「あなたは周りからただ動かされるだけの存在」になってしまう   「相手はこうだから」「自分はこうだから」と決めつけて「何もしないことを」選択するもし、なにもしないことを選択するのであれば、   どのような結果になれど「貴方も責任を取るべきだ」   「決断を保留し先延ばし」にしておいて、「都合が悪くなれば文句を言う」のは控えよう   続く 【01-2:第1の習慣~主体的に行動する~】 へ

00-2:インサイドアウト ~自分が変われば視える世界は変わる~

Jul - 11 2015

<インサイドアウトはツラい、だがシアワセに近づく> ・自分が変われば視える世界は変わる・他人と過去は変えられない、しかし、自分と未来は変えられる・問題は常に自分の中にある   これらは慣れない内は、理不尽に感じるかもしれない しかし、それでも「何かのせいにして同じ結果を繰り返す」より悪い結果が出た時に、何がいけなかったのかを学び、次に活かす人になろう そうすることで良い人間関係が構築でき、シアワセにつながる   人はすぐには変われない失敗を繰り返しながら、問題点や気づいた事を解消していくことが大事少しずつ、身につけていこう     <悪い部分より、良い部分を見る癖をつけよう> もしAさん80点のテストを見せてきたらどう思うか ・80点という高得点に注目し、プラスな方向で見て褒める・20点分間違えたことに注目し、マイナスな方向で見て叱る どちらの選択をするか、あなた次第 もし後者を選んでしまっている場合、Aさんはどう感じるだろう?「私の価値観をもっと認めてほしい」という気持ちが強くなるのではないだろうか   相手のプラス部分をスルーして、マイナス部分ばかり指摘していると、相手の精神は遊んでいき、どんどん心が閉じていく   人はだれしもが承認欲求を持っている否定されるより、受け止めてくれたほうが嬉しい気持ちになる悲しい気持ちになればやる気はなくす悲しい気持ちにさせる相手に協力したいとも思わなくなる結果、あなたは信頼されなくなる   視点が変われば、同じことでも違って見える 80点という点数に、20点のマイナスで見てガミガミ叱る視点から80点という高得点を取ったことを褒める視点に変わろうまず褒めた上で、さらなる改善を優しく伝えることで信頼関係が生まれる   ・まとめ   <「厳しくされたから厳しくする」のをやめよう> 親・先輩・先生が自分に厳しくされたとして 「これが当たり前なんだ、甘えるな」「俺は厳しく教えられたから、お前もそうやって覚えろ」 …という考えを持つなら、それは捨てるべきだ それはあなた自身の考えではなく、先人の悪しきコピーにすぎないやられたことをただ仕返ししているだけで、相手の為を思っていない 全て、自分の荒んだ心だけを満たす欲望に動かされているだけだ     教える立場にある人は、教える相手に「翼」をもたせよう 前の世代から引き継いだ教えには良いこともあれば当然悪いこともあるそういう固定された価値観を教えるのではなく、教えたことを飛び越えても良いという「翼」を持たせてあげることが大事 もし、教える相手が思ってもないような事をしても、それを闇雲に禁止したのでは、永遠に金太郎飴のままコピーが量産されるだけだ教えられたことを飛躍して乗り越えられる自由な発想を、常に持たせてあげることが大切   相手がミスしたり、自分と違うことをすることがあるのはごく当たり前な現象 それに対して、いちいちイライラして叱りつけ矯正するのではなく 相手の良い部分を褒めて、認めて、感謝する、その後に改善点を優しく指摘する すると相手は伸び伸びと物事に取り組むことができ、あなたの期待にも応えたいという気持ちが強まるものだそして、そこに信頼が生まれる   さらに、自由な発想の翼を持たせることで教えた人が大きな成功をする→あなたに感謝する その結果、あなたの周りに多様な長所を持つ人が集まるようになる 親・上司・先輩から与えられた悪しき脚本…「人生観・生き様・価値観」は引き継がない方がいい 悪い部分があると感じたら、自らその流れを断ち切る決意をしよう   ・まとめ

00-1:インサイドアウト ~7つの習慣を身につける前に~

Jul - 11 2015

  <インサイドアウトとは> 多くの人は問題が起きた時「他人を変えよう」としがちそれに対し、インサイドアウトとは「自分(イン)が変われば世界(アウト)が変わる」という考え方   他人と過去は変えられない、自分と過去は変えられる   自分の内面から外を変えようとする動き・考え方の事   <同じ悩みを繰り返す人> 以下のことを感じている人は、いつも同じような悩みを抱えて繰り返してしまう人が多い   「あいつは無能だつかえない」「誰にも理解されないのが辛い」「男運が悪い」「女運が悪い」「人間関係がうまくいかない」「恋人とうまくいかない」「また裏切られた」 他人の行動を見て、「あいつは間違っている」と否定したがる人は多い。   しかし、それはアナタの視点から見た一判断であり、実際はその人が正しいのかもしれない   「自分の正しさを疑わないから物事の視野が狭くなる」失敗を他人のせいにし、理解されないことも他人のせいにし、相手を責める。結果、無駄な言い合いや争いが生まれ、あなたの周りに人が近づきにくくなる   「自分の都合のいいように見て、何かに責任をなすりつける」…というような自分の外側のせいにして終わってしまうのは良くない。そのような態度のままでは自分には何の成長もない何の成長もないから、同じ悩みを繰り返し抱える人生を歩むことになってしまう   いい結果が出なかったのは(悪い結果が出たのは)全て「自分の選択によって導かれた事」それに目を瞑って、相手のせいにしたり何かのせいにしてしまいがちな癖をやめよう。   ・まとめ   <悔しい気持ちがあるのは当然> しかし、そんな時こそ「自分にできた最善の行動はなんだろう?」と考えてみよう後述する7つの習慣を身につけることで、この考え方は持つ娘度ができる   まずは、インサイドアウト   自分という”イン”を変えることで、他人や結果(アウト)を変えていくという意識を持ってみよう   それはきっと、あなたを縛り付ける悩みの連鎖を断ち切る鍵になることでしょう     【See Do Getサイクル】 自分自身の見方で全ては始まる 自分の内側にチャンス・気づきを見出す癖を身に着けるにはSee Do Getサイクルが有効 ・See:自分にもできるかも! やってみよう!・Do:チャレンジする、工夫して努力する・Get:(良くも悪くも)結果が出る。 やった結果の中に、何かの気付きがある