Posts Tagged: 方法

「人気歌い手になる方法」(後半)という動画も面白く役に立つ!

Aug - 04 2015

【鋼兵式「人気歌い手になる方法 」講座 後編 【ゆっくり解説】】 この動画の動画の概要まとめ・感想   ちなみに前編について書いたページはコチラ運営の愚かさについて鋼兵氏が指摘した動画の概要はコチラ運営の愚かさについて鋼兵氏が指摘した動画の管理人の感想はコチラ   サブジョブを決めよう この図で、他のジョブと重なる部分がある重なってる部分はサブジョブ可能ということ   例:絶叫系は、爽やかイケボ系・過剰加工系をサブジョブにできる   逆に言えば、自分の性質に合わないジョブを選ぶと伸びない   動画では、Kuroro氏という底辺歌い手が絶叫系だったが講座を見てへたれ系になったことで改善したことが紹介されている   更に、へたれ系と親和性が高いのは過剰加工系ということで鋼兵氏がMIX加工したヘタレ系として生まれ変わったくろろ氏の歌を過剰加工したのも紹介   コメントでは、図のように大絶賛である 歌唱力は変わってないのに、適切なジョブにすることで大きく変わることを証明した     歌い手としてのキャラクターを作る 人生リセットボタン リアルの自分とは違う自分を作りなおそう   まずはニコニコや今やってるSNSに鍵をかける →余計な情報漏えい防止     新規SNSに登録 歌い手用のアカウントを作るnana・こえ部などの音楽投稿サイトに登録 プロフィールには好きな歌い手に有名人気歌い手の名前を好きでもないけど書くだけ書きまくる →それだけでフォロワーが増える     SNSでは女子が好きな発言や行動をする ・動物好き・彼女居ないアピール・博愛主義・ドジっこアピ・仲良し歌い手 これで好感度が上がる   やっては駄目なこと ・DQN発言・政治・宗教・スポーツ・その他難しい話・他の歌い手などを否定する言葉・シモネタ     動画を投稿した後は 初期:頑張っても伸びない時期 戦略 再生数を伸ばす(動画ページを開いてもらう) ↓コメントさせる(歌い始めの20秒聴かせる動画を作る) ↓マイリスさせる(最後まで聞かせる)   底辺時代は、視聴者をコメント・マイリスさせるような 狩りの仕方を覚えること     再生させるには […]

「人気歌い手になる方法」という動画が面白く役に立つ!

Aug - 04 2015

動画の概要まとめ・感想の記事 人気歌い手になるには男性と女性で方法が異なる このの動画では「人気男性歌い手になる方法」を紹介している   上手いだけでは人気になれない 上手くて伸びるなら、実力のある底辺歌い手のコメントに「なんで人気でないんだろ?」「もっと伸びるべき」といったコメントは出てこないはず   「この人が伸びるなら、この人はもっと伸びていいはず」   というのは結構あるしかし、実際伸びる人は違う 上手さやクォリティだけが伸びる要素ではないからだ   ファンのターゲットを女子中高生のみにしぼる ニコニコはユーザーの7割が10~20代しかし、コメントしている80%弱が10代である   さらに、ボカロカテゴリ(歌ってみたとの親和性が高い)に絞るとユーザーの8割が10台、コメントの8割が中高生である 基本的に男歌い手の動画を見るのは女の子ニコニコ歌い手の客の9割が女子である   男性視聴者:憧れや共感(硬い・コイツ以外認めないなどの態度)女性視聴者:恋愛感情(ミーハーで流行ものに乗りやすい)   で見ていることが多い   10代は時間や金や労力を、恋愛感情に多く費やしやすい存在   だから、ターゲットを女子中高生に絞る事が大事どんなにクォリティが高くても、ターゲットを間違えると伸びないのだ   逆を言えば… 女子中高生に好かれると市場の7割以上を独占できるしかし、女子中高生に嫌われたら、まず人気が出ない     ニコニコのランキングの仕様 再生数:マイリス数=1:15 マイリス至上主義!   コメントしたり、マイリスしたり、誰かに広めたりするのは10代が多い     女子中高生から支持を得られる要素 ・イケメン、イケボ・恋愛要素(恋愛ソングを歌う、彼女いないアピール、BL要素)・清潔感(爽やか、純粋)・流行っている事(流行に敏感)   歌の上手さはさほど重要ではない!     歌ってみたとは 歌ってみたとは   対象(女子中高生)を落とす(惚れさせる)ためにどうやって戦略を立てるカノ、恋愛シミュレーションRPGゲーム に例えられると、鋼兵氏は言う     名前の決め方 ダメな例 ・ありきたりで本名っぽい・漢くさい・読めない、書けない   良い例 […]

【動画】桑田直伝 正しい「変化球の投げ方」役に立つ野球講座

Jul - 30 2015

野球を教える全ての人に見てもらいたい 間違いだらけの野球の常識正しい指導をしよう!   スライダー・カーブ・フォーク・シンカー・シュートチェンジアップ・ナックル・SFF・スクリュー・ツーシームドロップ・縦スラ・スラーブ・サークルチェンジ等、多くの変化球があるが正しく変化球を投げるにはどうすれば良いのか   変化球を投げたい人子供に教えたい人 動画を見て覚えよう!   動画の内容のまとめ   Youtubeの動画は(記事下にあります)   カーブは難しい変化球 スライダー・シュート・フォークは家族・身内カーブは他人   何故か   スライダー・シュート・フォークとカーブでは最終的に向く手のひらの向きが逆(カーブのみ内側になる)   カーブの投げ方 カーブはみんなひねろうとするがカーブはひねらない事!   カーブのコツ ・カーブは抜く・空手チョップのように投げる・リリースの瞬間に中指でヒュっと掻く・若干後ろに体重を残すようなイメージで投げる     最初に教える変化球はチェンジアップ 何故か ストレートと似た感覚で投げれるので覚えやすいカラダの負担が少ないので、成長期の子にも優しい抜く感覚を覚えることで他の変化球を取得する時にも役に立つ   小中学生に教えるなら、まずチェンジアップを教えるところから始めることが大事   チェンジアップとは ストレートと同じようなフォームで投げる遅くて沈む珠   バッターのタイミングをズラすので、直球と織り交ぜ緩急を感じさせるとバッターが打ちにくくなる   チェンジアップのすごい所は 大したこと無い からスゴい 体の負担が少ない     チェンジアップの握り ・ストレートの握り(人差し指・中指)を中指・薬指に変える・中指・薬指の間を開く・ストレートと同じイメージで投げる   スピードガンはゴミ箱に捨てる遅い変化球を織り交ぜて、ストレートを速く見せるのがピッチングの極意    【動画】桑田直伝 正しい変化球の投げ方