00-1:インサイドアウト ~7つの習慣を身につける前に~


 

<インサイドアウトとは>

多くの人は問題が起きた時「他人を変えよう」としがち
それに対し、インサイドアウトとは
「自分(イン)が変われば世界(アウト)が変わる」という考え方

 

他人と過去は変えられない、自分と過去は変えられる

 

自分の内面から外を変えようとする動き・考え方の事

 

<同じ悩みを繰り返す人>

以下のことを感じている人は、いつも同じような悩みを抱えて繰り返してしまう人が多い

 

「あいつは無能だつかえない」
「誰にも理解されないのが辛い」
「男運が悪い」
「女運が悪い」

「人間関係がうまくいかない」
「恋人とうまくいかない」
「また裏切られた」

他人の行動を見て、「あいつは間違っている」と否定したがる人は多い。

 

しかし、それはアナタの視点から見た一判断であり、実際はその人が正しいのかもしれない

 

「自分の正しさを疑わないから物事の視野が狭くなる」
失敗を他人のせいにし、理解されないことも他人のせいにし、相手を責める。
結果、無駄な言い合いや争いが生まれ、あなたの周りに人が近づきにくくなる

スポンサーリンク

 

「自分の都合のいいように見て、何かに責任をなすりつける」
…というような自分の外側のせいにして終わってしまうのは良くない。
そのような態度のままでは自分には何の成長もない
何の成長もないから、同じ悩みを繰り返し抱える人生を歩むことになってしまう

 

いい結果が出なかったのは(悪い結果が出たのは)全て「自分の選択によって導かれた事」
それに目を瞑って、相手のせいにしたり何かのせいにしてしまいがちな癖をやめよう。

 

・まとめ

 

<悔しい気持ちがあるのは当然>

しかし、そんな時こそ「自分にできた最善の行動はなんだろう?」と考えてみよう
後述する7つの習慣を身につけることで、この考え方は持つ娘度ができる

 

まずは、インサイドアウト

 

自分という”イン”を変えることで、
他人や結果(アウト)を変えていくという意識を持ってみよう

 

それはきっと、あなたを縛り付ける悩みの連鎖を断ち切る鍵になることでしょう

 

 

【See Do Getサイクル】

自分自身の見方で全ては始まる

自分の内側にチャンス・気づきを見出す癖を身に着けるには
See Do Getサイクルが有効

See:自分にもできるかも! やってみよう!
Do:チャレンジする、工夫して努力する
Get:(良くも悪くも)結果が出る。 やった結果の中に、何かの気付きがある

See Do Getサイクル

スポンサーリンク