01:ゲーム実況の歴史 ~ゲーム実況のはじまり~


2015年

ニコニコ動画で最も盛り上がってるカテゴリと言われているのが
ゲーム実況である

 

最近ゲーム実況を見始めた人にはあまりピンとこない話かもしれないが
ゲーム実況という文化が出てきた当初は、アングラ的人気にすぎなかった

 

分かりやすい言葉を使うなら、クラスの影キャラ的ポジションであった

 

今はニコニコ自体がゲーム実況に力を入れているので
著作権問題などの障害が徐々に取り除かれて
光の当たる表舞台に出てきた

 

しかし、当時はそうではなかった
グレーゾーンの趣味ということで、アングラ的な部分での人気だけだった

 

今こそ大人気のゲーム実況の黎明期
初期の頃の実況に再注目してみようと思う

 

今のゲーム実況とはまた違った面白さや、文化
いかにして此のジャンルが発展してきたかも分かるだろう

 

 

実況プレイ動画の始まり

今でこそ「ゲーム実況」と言われることが多いが
当時は「実況プレイ動画」と言われることが多かった

 

ゲームカテでは最初、音声は入れない「プレイ動画」が主流だった

 

時は2007年7月28日
ジャック・オ・蘭たん
「ゼルダの伝説風のタクト 実況風プレイ」という動画を投稿した

 

これが、ニコニコで最初の「実況プレイ動画」である

 

 

あくまでもプレイ動画の派生

プレイ動画+実況風な音声を取り入れることで、
「実況プレイ動画」というジャンルが確立した

 

 

ゲーム実況以前にも、ゲーム実況があった?

厳密にはジャック・オ・蘭たんは
新感覚冷やし系魔法少女ヒャドといううp主の動画を参考にしていた
(2007年3月14日にゲーム実況と同じ内容のものを上げている)

 

ただ、ニコニコで「実況」という言葉を用いたのは蘭たんが初である

 

 

実況プレイ動画の始まりの時期

2007年後半に、ニコニコ動画で実況プレイ動画が生まれた

 

ジャック・オ・蘭たんが「実況」という言葉を用いた後
チラホラと、此のジャンルに参加するうp主が増えてきた

スポンサーリンク

 

女性実況者の祖・しーな
喋りながらやってみたタグの発祥となった、うちゅ~
ホラーゲームのはるしげ

 

そして何より、この時代に生まれ
実況黎明期を大いに盛り上げた 
しんすけを中心とした4人グループ実況者・ゆとり組

がデビューした

 

 

2007年10月

ゆとり組が投稿した
ゆとりの友人に無理やりFF4実況させてみた(ゆとりFF4)
(当初の動画は消されている、今は有志による再うp動画があるだけである)

 

この動画は、当時のゲーム実況としては大いに盛り上がりその結果、
かなり多くの実況者がゆとりFF4を見た影響で実況者になっている

 

Revin(現UstreamChecker管理人)
ルーツ(現漫画家・代表作はてーきゅう)
たろちん(現ライター・記者)
とんかつおじさん(シムシティ解説実況者)

 

等、当時有名だった実況主だけでなく

現在活躍している、

 

セピア(数多くの人気動画を投稿している)
せんとす(格闘ゲームがものすごく強い)

 

等も「ゆとり組のしんすけ」に憧れて実況を始めている

 

実況者に影響力のある実況者が生まれた時代
ある意味で言うと、今の実況人気を支える舞台骨が作られた時代である

 

ゆとりの友人に無理やりFF4実況させてみた part1 (再うp)

 

 

昔のゲーム実況の歴史2へ

スポンサーリンク