【動画】桑田直伝 正しい「変化球の投げ方」役に立つ野球講座


野球を教える全ての人に見てもらいたい

間違いだらけの野球の常識
正しい指導をしよう!

 

スライダー・カーブ・フォーク・シンカー・シュート
チェンジアップ・ナックル・SFF・スクリュー・ツーシーム
ドロップ・縦スラ・スラーブ・サークルチェンジ等、多くの変化球があるが
正しく変化球を投げるにはどうすれば良いのか

 

変化球を投げたい人
子供に教えたい人

動画を見て覚えよう!

 

動画の内容のまとめ

 

Youtubeの動画は(記事下にあります)

 

カーブは難しい変化球

スライダー・シュート・フォークは家族・身内
カーブは他人

 

何故か

 

スライダー・シュート・フォークとカーブでは
最終的に向く手のひらの向きが逆(カーブのみ内側になる)

 

カーブの投げ方

カーブはみんなひねろうとするが
カーブはひねらない事!

 

カーブのコツ

・カーブは抜く
・空手チョップのように投げる
・リリースの瞬間に中指でヒュっと掻く
・若干後ろに体重を残すようなイメージで投げる

スポンサーリンク

 

 

最初に教える変化球はチェンジアップ

何故か

ストレートと似た感覚で投げれるので覚えやすい
カラダの負担が少ないので、成長期の子にも優しい
抜く感覚を覚えることで他の変化球を取得する時にも役に立つ

 

小中学生に教えるなら、まずチェンジアップを教えるところから始めることが大事

 

チェンジアップとは

ストレートと同じようなフォームで投げる遅くて沈む珠

 

バッターのタイミングをズラすので、直球と織り交ぜ緩急を感じさせると
バッターが打ちにくくなる

 

チェンジアップのすごい所は

大したこと無い からスゴい

体の負担が少ない

 

 

チェンジアップの握り

・ストレートの握り(人差し指・中指)を中指・薬指に変える
・中指・薬指の間を開く
・ストレートと同じイメージで投げる

 

スピードガンはゴミ箱に捨てる
遅い変化球を織り交ぜて、ストレートを速く見せるのがピッチングの極意

 

 【動画】桑田直伝 正しい変化球の投げ方

スポンサーリンク