【動画】桑田真澄が教える「正しい投球フォーム」役に立つ野球講座


野球を教える全ての人に見てもらいたい

間違いだらけの野球の常識
正しい指導をしよう!

 

動画の内容のまとめ

 

Youtubeの動画は(記事下にあります)

 

コントロールを身につけるには

間違った教え

指先の感覚を重視しろ

 

桑田の教え

ボールを投げるのは体全身の筋肉を使うのだから
指先だけじゃなく、フォーム全体を意識することが大事

 

何故か

指先も大事だけど、筋肉が100あるとして
全部の筋肉が1・1・1・1・1・1…とやっていけば、指先だって1の仕事で良い

手先だけではコントロールは安定しない
コントロールはカラダ全体で覚える

 

たらいを使って、身体全身を使ったフォームを身につける練習法も紹介
体重移動が安定する

 

 

球威をつけるには

間違った教え

→肩を下げるな

スポンサーリンク

 

桑田の教え

肩を下げろ(オーバースローの場合)
往年の投手は肩を下げたフォームをしている

 

何故か

利き腕の肩が下がらないと、体が横回転する
→シュート回転しやすい、ボールに威力が伝わりにくい

利き腕の肩が下がると、体が縦回転になる
→ボールに球威が増す

 

ピッチャーはもう1つの眼を持たなければいけない
→利き腕とは逆の肩甲骨に眼を持つ

 

珠の出どころが見難いフォームになり、バッターが打ちにくくなる
肩甲骨に眼があると思いながら投げる

 

【動画】桑田真澄が教える正しい投球フォーム

スポンサーリンク